サイトメニュー

気軽に施術を受けやすい

顔に触れる女性

悩みの種もすっきり解消

筋肉の動きを抑制し、筋肉の厚みを小さくすることが出来るボトックス注射が大変人気です。これまでエラ張りの施術いえば骨を削って輪郭を修正する施術が一般的でしたが、ボトックスが出てからはメスを使った施術を受けなくても改善することが出来る人が増えています。ボトックス注射がなぜこれほどまでに人気なのかというといわゆるプチ整形の分類に入り、手軽に受けやすい施術だからではないでしょうか。メスを使わない分回復が早く、ほとんど腫れない為、ダウンタイムを取る必要がありません。一般的に美容整形を受けた場合、腫れなど数日間強く出てしまうことが多い為、ダウンタイムに合わせて休みを取るなどスケジュール調整が必要になります。その為、連休に合わせて施術を受けたり、わざわざ休みを取ったりする人も中にはいます。その点、ボトックス注射は腫れても虫刺され程度で済みますし、内出血も少なくなっているでしょう。顔が大きく見えてしまう原因には咬筋が原因のエラ張りがあります。咬筋は無意識に使ってしまっている場合も多く、その場合なかなか自分では改善することが出来ません。そこでボトックス注射を咬筋に注入し、強制的に動きを止めることで、徐々にエラ部分の筋肉を小さくし、すっきり小顔を手に入れることが出来るでしょう。また、施術の仕上がりに満足いかなくても効果が一時的なものなので、また元に戻すことが出来ます。その逆で効果に満足し、さらにその効果を持続させたい場合は再施術を受けることで状態を維持することが出来るのでおすすめです。エラ張り改善の施術を受ける場合は最初にどの様な小顔をつくりたいのかじっくりシミュレーションしながらカウンセリングをしていきます。その際にきちんと自分の要望を伝えないとイメージ通りの仕上がりにならないのでしっかり伝えることが大切です。ボトックス注射はみんな同じ量を注入する訳ではありません。筋肉の大きさには個人差がある為、筋肉の大きさに合わせた注入量や注入位置の判断が大切になってきます。ドクターはカウンセリングの際に仕上がりをイメージしながら筋肉量に合わせて注入量や位置を決めています。この判断が誤ってしまうと仕上がりが違ったものになるだけではなく、量が多すぎてしまえば、必要以上に筋肉に効果が出過ぎてしまい動くべき筋肉まで動きを止めてしまう場合もあるでしょう。それではせっかくエラ張り改善の施術を受けても意味がありません。表情の出しにくさなど他の問題が出てきてしまうので、ドクターは正しい注入量を判断する必要があります。エラ張り改善の施術は約10分程度で終わります。痛みも元々少ない施術ではありますが、事前に麻酔クリームなど使用して取り除きながら行う為、安心して施術を受けることが出来るでしょう。施術後は患部を冷やして終了です。安全性の高い施術ではありますが、万が一に備えてアフターフォローがしっかりしているところを選ぶと安心です。もし違和感を覚えた際にすぐに相談することが出来るので、安心です。各クリニックによってボトックス注射のアフターフォローの中身が異なるので、どの様な中身になっているのか事前にチェックしておきましょう。